RADIO
jap

Regolarita

BY XTR Pepo
スクランブラー アイコンからスタートして、ロング ツーリングに対応するサスペンションとハイエンド エキゾーストを装備する 60 年代 70 年代のオフロード バイクに作り上げる構想でした。イメージとしては、1962 年の Ducati Scrambler(ベルリナーのために造られた第一号)でした。 1963 Ducati Deluxe 250cc の燃料タンクにデザイン全体の焦点が当てられました。そこに、オリジナル タンクの下側部分と Ossa Enduro のシートを合わせるためのいくつかの改造点を加えています。リア サブフレームは完全なカスタムメイドになっており、エアボックスを取り外しただけでなく、ABS モジュールを含めたワイヤハーネス全体の配置を変更しています。また、スポーツクラシック GT 片持ち式スイングアームによって、リア サスペンションがサイドからセンターに変えられました。ほかにもハイエンド エキゾースト、金属ラック付きクラシック ライト、そしてアイコニックなテール ライト「Lucas」。60 年代を思わせるサテン仕上げのアルミニウム製マッドガード。 ホイール リムは、よりオフロードな外観を実現するために、スクランブラー クラッシックなスポーク タイプに替えています。 REGOLARITA(レゴラリタ)という名称は、70 年代の ISDE(International Six Days Enduro)で適用されていたオフロード走行規則から来ています。この規則は、最も規則正しいライダーによって勝ち取られたものです。ドゥカティ 125cc REGOLARITA は 70 年代終わりに開発されました。

XTR Pepo

Spain
60 年代に「不屈のガリアの町」で生を受けた彼は、生物学者でありドゥカティの熱狂的なファンでした。すべてを捨ててドゥカティのために働くことを決意し、21 世紀初頭に公式に認められた Radical Ducati を設立、独自のバイク RAD 02 を制作していました。モーターサイクル業界を去った彼は、その後の休止期間を経て、再び XTRPEPO と共に帰ってきました。XTRPEPO はドゥカティ バイクだけでなく、彼がエンジョイするあらゆるバイクを手がけます。 彼が手がけるバイクはすべて、複数ブランドのかつての黄金期のマイルストーンにアイデアを受けています。まるで主流であるトレンドから逃げ出すかのように。

Essenza

BY South GarageItaly

Scrambler RT

BY Anvil MotocicletteItaly

Scrambler Russell

BY Russell MotorcycleAsturias, Spain

FUEL STRADA 800

BY FUEL BESPOKE MOTORCYCLESSpain

Peace Sixty2

BY Mr. MartiniVerona, Italia

Revolution

BY Officine MermaidMilano, Italia

Artika

BY DLS Dario Lopez Studio

SC-Rumble

BY Vibrazioni Art DesignMassa Lombarda, Italia

S.C.R. Café Racer

BY Mr. MartiniVerona, Italia

Scratch

BY Officine MermaidMilano, Italia

Hondo Grattan

BY DeusMilano, Italia

Magione

BY Fred KruggerBelgio

Hero 01

BY Holographic HammerFrancia

Scrambler

BY Radikal ChopperMilano, Italia

Scrambler Paul Smart

BY Ducati ThailandBangkok, Thailand

Scrambler Urban Warrior

BY Project Rebellion by Ducati ThailandBangkok, Thailand

Scrambler Legend 62

BY Project Rebellion by Ducati ThailandBangkok, Thailand