iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-4C5C" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">
日本
MORE INFO
RADIO

第3回カスタム・ランブル・コンテストの優勝者が決定


カスタムバイクやレースの専門家スペシャリストによる特別審査員が最終的な評決を下しました。「Land of Joy」の世界を体現する最も美しいカスタム・スクランブラーは、マルコ・グラツィアーニ率いるカスタムファクトリー/CC Racing Garageのマルコ・グラツィアーニが製作したによる「スクランブラー1100 FT」に決定しました。

スクランブラー・ファンによるウェブサイトでの投票の後、ドゥカティ・ストア・ローマのサポートにより、ドゥカティのファクトリーライダーやドゥカティファンの映画俳優、そしてカスタムバイクのスペシャリストなど特別審査員による最終選考会を行いました。その結果、イタリア人カスタムバイクビルダーであるマルコ・グラツィアーニが率いるCC Racing Garageが製作した「スクランブラー1100 FT」が、2年に1度開催するドゥカティ・スクランブラーのカスタムコンテスト「第3回カスタム・ランブル・コンテスト」の優勝車に決まりました。

授賞式は、スクランブラー・アンバサダーを務めるギリシャ人モデル/ドミニカ・グルノバの司会によって行い、その模様はドゥカティ公式Facebookページでストリーミング配信し、16,000人のユーザーが視聴しました。イギリスの俳優であり、熱狂的なドゥカティスタでもあるニコラス・ホルト、ドゥカティ・オフィシャル・ライダーのチャズ・デイビスとアンドレア・ドヴィツィオーゾ、英国ロンドンで開催されるカスタムバイク・イベント「Bike Shed London」創設者であるダッチ・ヴァン・ソメレン、イタリアのカスタムファクトリー「Officine Rossopuro」代表であり、カスタムバイクに焦点を当てたイタリアのTV番組で審査員も務めるフィリッポ・バルバカーネで構成する特別審査員が、「Land of Joy」の世界を体現する最も美しいカスタム・スクランブラーとして「スクランブラー1100 FT」を選出しました。5人の審査員は、スクランブラー・ファンであるという共通点を持っています。

 

Scrambler 1100 FT, a Bully in name and in fact

 

イタリア・ローマを拠点とするカスタムビルダーであるグラツィアーニによる「スクランブラー1100 FT」は、ウェブサイトのファン投票で行われたコンテスト予選ですでに勝利を収めていました。彼のバイクは、今回のコンテストに参加した74台のカスタム・スクランブラーの中で最も多くの票を集め、スクランブラー1100専用カテゴリー“Bully(ブリー)でも優勝しました。エンジニア兼カスタムビルダーとして数多くのドゥカティ・ベースのカスタムバイクを手掛けてきたグラツィアーニは、今回のコンテストのベースモデルとして、スクランブラー1100スペシャルを選択。独創的な才能を発揮して、国際的なカスタムシーンで名を馳せる他の候補者に挑戦しました。

グラツィアーニはスクランブラー1100スペシャルをカスタムするにあたり、ヘッドライト、テールライト、燃料タンクをドゥカティ スクランブラーの重要なエレメントであると判断し、オリジナル・コンポーネントをそのまま流用することにしました。その一方でカラーリング、グラフィック、エグゾースト、リアフレーム周りには、大幅なカスタムを施しています。

このグラツィアーニの手法は、美しさおよびカスタム技術の両方の観点から、特別審査員たちの熱狂的な支持を集めました。決勝大会では、アンドレア・ドヴィツィオーゾとニコラス・ホルトが10点をつけ、総合評価でも50点満点中46点を獲得したのです。

 

■最終ランキング

 

2位には、43点を獲得した、ドゥカティ・ヘラスのカスタム・スクランブラーが入賞。“Rocker(ロッカー)”カテゴリーで優勝したこのバイクを製作したのはギリシャ・アテネを拠点とするファクトリー/Jigsaw Customsです。

3位には、バルセロナのカスタムバイクビルダーであり、“Outsider(アウトサイダー)”カテゴリーで優勝した、ニック・タンスレイが選ばれました。

4位には“Cut-down(カットダウン)”カテゴリーで優勝した、Moto Design Customと共同で車両を製作したフランセスコ・ルッソ(ナポリ、イタリア)が、5位には“All-Terrain(オールテレイン)”カテゴリーの優勝者であるベトナム・ハノイのカスタムビルダー/グエン・シモングのマシンがそれぞれ選出されました。

■カスタム・ランブル:カスタマイザーの夢の称号

 

「スクランブラー1100 FT」は、これまでに2回開催したカスタム・ランブルの優勝車「Scrambobber」と「ESG Rumble 400」に続き、最高のカスタム・スクランブラーという夢の称号を手に入れたことになります。グラツィアーニには、Beta製ワークベンチと工具セット一式が贈られました。この工具セットは、自由な自己表現と創造力を発揮して、特別なカスタムバイクを製作するための完璧なツールとなります。

Other News


See what else is going on in the Land of Joy.