RADIO
jap
CUSTOMIZE

Sixty2
New pop icon


ドゥカティ スクランブラー Sixty2 は新しいドゥカティブランドによる幅広い提案を拡大しています。さらに、スクランブラーのスピリットを犠牲にせずに乗りやすく、普通自動二輪免許でも乗れるバイクを、というニーズを満たすために誕生しました。新たなマーケットに新しい選択肢を提案しています。


モーターサイクルの純然たる本質に戻るために、ヘリテージと現代性、そして情熱とライフスタイルが融合したスクランブラーが誕生しました。現在、路上には1962年に生まれたストリートアートの世界、ストリートフード、ポップカルチャーに捧げた新しい要素が見られます。1962年には スクランブラー第1号が既にアメリカを制覇していました。スクランブラーで常時「人気」製品となっているSixty2 が、新しい「ポップアイコン」であるのはこのためです。
このカタログ内の写真は、製 品化の段階で変更が加えられる可能性があるプロトタイプであることがあります。これらは製品をお見せするためのものであり、アウディ・グループ 企業であるDucati Motor Holding S.p.A. – AUDIグループ企業( 以後「ドゥカティ」)
  • エンジン
  • トランスミッション
  • シャシ
  • サイズと重量
  • 装備
  • オーナーズマニュアル
  • 種類 L型2気筒デスモドロミック 2バルブ 空冷
    排気量 399 cc
    ボア X ストローク 72 mm x 49 mm
    圧縮比 10,7 : 1
    最高出力 30kW (40hp) @ 8,750 rpm (日本仕様)
    最大トルク 34Nm (3.5kgm) @ 8,000 rpm  (日本仕様)
    燃料供給装置 電子制御燃料噴射、50mm径スロットルボディ
    エグゾースト アルミニウム製サイレンサーカバー付きステンレス製エグゾーストシステム、、触媒コンバーター、O2センサーx2
    認証 ユーロ3規制
    排出ガス規制 準拠 - 燃費:4,6L / 100 km、CO2:108 g/km
  • ギアボックス 6速
    減速比 1速2.461 2速1.666 3速1.333 4速1.130 5速1.000 6速0.923
    1次減速比 ストレートカットギア、減速比2.28:1
    最終減速 チェーン: フロントスプロケット15、リアスプロケット48
    クラッチ 湿式多板 ワイヤ式
  • フレーム トレリスフレーム
    フロントサスベンション ショーワ製41mm径正立フォーク
    フロントホイールトラベル 150 mm
    フロントホイール 軽量合金 10本スポーク、3.00" x 18"
    フロントタイヤ 110/80 R18 ピレリ製MT60RS
    リアサスペンション カヤバ製リアショック、フルアジャスタブルプリロード
    リアホイールトラベル 150 mm
    リアホイール 軽量合金 10本スポーク、4.50" x 17"
    リアタイヤ 160/60 R17 ピレリ製MT60RS
    フロントブレーキ ブレンボ製 2ピストンラジアルマウントモノブロックキャリパー、320 mm径フローティングディスク、ボッシュ製ABSユニット
    リアブレーキ ブレンボ製1ピストンフローティングキャリパー、245mm径ディスク、ボッシュ製ABSユニット
  • ホイールベース 1,460mm
    キャスター角 24°
    フロントトレール 112mm
    ステアリング角 35°
    燃料タンク容量 14リットル
    車両乾燥重量 167kg
    車両重量* 183kg
    シート高 770mm (ハイシート オプション:790mm、810mm)
    全高 1,165mm (ブレーキオイルタンク)
    全幅 860mm (ミラー)
    全長 2,150mm
    バージョン ビポスト
    *車両重量はバイクの作動に必要な全ての油脂類と冷却水、燃料を含む合計の重量です(EC基準168/2013に準拠)
  • 標準装備 スチールタンク、グラスレンズ付きフロントヘッドライト、交換可能サラウンド搭載LEDポジションランプ、LEDテクノロジー搭載リアヘッドライト、交換可能サラウンド搭載LCDインストルメント、18"フロントホイールおよび17"リアホイール
    ワランティ 2年間距離無制限 12,000 km / 12ヶ月 12,000 km





出力値は、認証済み出力データとしてモーターサイクルの認証書類に記載 されるため、認証機関の規則に従い、エンジンダイナモメータを使用して測定 したものです。異なる測定装置を使用すると出力値が異なる場合があります。